2018-01

LIXIL住まいStudioへ行ってきました。

報告が大変遅くなりました。
Facebookの方ではお伝えしていたLIXIL新宿ショールーム
「住まいStudio」体感会の報告です

帰宅時、高速バスが運休となり、電車で帰ろうとするも…電車でも線路トラブルにて足止めをくらい(笑)
18:30頃東京駅出発、自宅へたどり着いたのが翌朝6:30という…
そんなとんでもない事態に巻き込まれていたのでこの報告が遅くなりました(笑)

住まいStudio、LIXIL東京ショールームの中につくられた巨大な体感施設です。

0度の大きな冷蔵庫の中に、エアコンで20度に温めた、「昭和時代の一般的な住まい」「現在の一般的な住まい」「高気密・高断熱の住まい」3つの空間がつくられており、昔の住まいのムラのある暖かさや、高気密・高断熱の住まいのどこにいても一定の暖かさを感じることができるのです。

気温が人の体にどのような影響を与えるか?というと…
16℃ で呼吸器系疾患リスク
9~12℃ で血圧上昇、心疾患リスク
5℃ で低体温症リスク
が高くなると言われているそうです

今の時期で言うと、暖かいに越したことはない(笑)と言うことですね

まず、はじめに入ったのは「昭和の家」
断熱材(グラスウール50ミリ)も入っていますし、暖房もかかっていますから、もちろん、そこまで寒いわけじゃない。
しかし、我慢できないほどじゃ無いけれど、床は冷たく感じるかな…
そこから脱衣所空間へ移動すると…ひんやり…!! あ、私の実家だ…(苦笑)です。
わかりますか? 私の実感はまさしく昭和53年築の家ですので、その寒さはまさしくでした。
ここで服を脱ぐのね。この寒さでね。ヒートショック…リスクが高くなるのを実感…

続きまして、「今の家」
入ってなるほど。IK-HOMEで一般的に建てているお家かな。
もちろん、暖房ついてる、グラスウール100ミリの仕様、ほうほう…普通に暖かいという体感。C値は4.5ぐらいと言っていたはず。
床もそこまでひんやりしない
脱衣所へ移動…先ほどより暖かい。なるほど、いつもの感じね。これで充分じゃないかとさえ思える。

 

しかし、しかし…最後、「これからの家」HEAT20 G2仕様のここは…
入った瞬間、皆、「おオオオオ~~~~」って感じでした。
なるほどね。しっかり暖かい。床も冷たくな~い!脱衣所、問題な~い(笑)
足下と頭の方の気温差、4℃以内に収まっている空間が快適な空間なんだそうですが、
このエリアはまさしく範囲内。(4℃の温度差を超えた温度差があると人は「不快」と感じるそうです。)
やっぱり良いのね~!素晴らしい~(^^)
これが「これからの家」! これはまさに、IK-HOMEでいう「ENE*0仕様」なんですね!
素晴らしい、研修に集まったのは茨城県内の工務店さんたちなんですが、一同、納得していました。

続いては夏の体感!
ここが重要なんです。

今、冬で、「暖かい家が良いですよね!体感してみてください!」
といって見学会を開催できますが、「夏も涼しいんですよ。」と言っても…いまいちピンとこないのではないでしょうか?

この住まいStudioでは「冬」と「夏」が体感できるのです!

真夏の太陽高度を再現し、家の中に陽が入って暑くなる、そこにひさしをつけるとどうなるか?
ウィ~ン…と電動ひさしが出てくる(笑)
オーニングでも良いですよ、なんて商品の紹介もしっかり
ひさしやオーニングでしっかり遮熱し、無駄な冷房費をカット!
西側の部屋なんて夏は50℃になりますからね
そうやってしっかり効果的に遮熱することで光熱費の無駄を省く。
ちょっとした工夫が大きな効果をもたらしてくれる。&!しっかりした断熱気密!
天井から来る暑さにも「断熱材が施されていればそういったこともないですよね」など、
その都度その都度、納得の説明を聞くことができ、リアルに体験!!

とっても素晴らしい体感施設!非常に勉強になりました!
ちなみに、住まいStudioは断と密でタレントの壇蜜さんがイメージキャラクターです(笑)

え?
そこへ行くことはできないの?なんて声が聞こえてきました(笑)
はい。できますよ
しかし、そんな素晴らしい施設ですから、お客様をご案内できるのは週末ですとなかなか予約がいっぱいとのことでした。

なので!IK-HOME、皆さんをこの素晴らしい施設にお連れするバスツアーを企画いたします!
LIXIL東京ショールーム見学・住まいStudio体感会!その他、お客様が楽しめるツアー。
近く発表いたします!
タイミングが合う方、ENE*0とスタンダードでお悩みの方、アクティブZEHとパッシブZEHでお悩みの方…ふるってご参加ください!
企画が固まり次第、お手紙にてお知らせしますね!
少々お待ちください。

「建ててから悩んでも、解決は難しい___」
なんてパンフレットに書いてありましたから
確かに、建てる前に見た方がいい、体感した方が良い!ですね!

それでは、今日はLIXIL東京ショールーム 住まいStudio体感会の報告はこれで終了!
長文、お許しくださいませ。
わかりにく~い!もっと詳しく話を聞きたい!という方はIK-HOMEまでお気軽におといあわせくださいね!

 

IK-HOME

2018-01-27 | Posted in BLOG, 建設現場リポートNo Comments » 

 

見学会へのご来場有り難うございました。

IK-HOME池田です。
インフルエンザや胃腸炎が流行ってきましたが…皆さん体調など崩されていませんか。

さて、先週末に開催されました白いお家の見学会、今回もたくさんのお客様にご来場いただきました。
ご来場いただきましたお客様、誠に有り難うございました。

お天気が良く、お家の中、日だまりはぽっかぽか
昼食後は昼寝したいくらいでした(笑)

大きな吹き抜けから注ぐお日様の光!最高!!
良いな~!あかるいな~!
と何度も言ってしまいましたよ…(笑)

 

各お部屋の現実的なサイズ感、キッチンや洗面脱衣室の使い勝手の確認、
よりリアルに感じていただけたかと思います。
IK-HOMEではデザインももちろん重視しますが、毎日の小さなストレスはいつか大きなストレスになってしまう…
そんなことに注意しながら家づくりをしています。

そんな白いお家のT様邸。
本日、お引き渡しを済ませました。

息子君も「自分のお家」という認識になってくれたようで、
家中を探検しまくり、おもちゃも出してお気に入りの場所で遊んでいました。
器具のご説明をして、鍵をオーナー様の鍵にして…晴れて「T様邸」となりました

私たちの事務所から2キロほどですので
何かあればいつでもお電話下さいね!とご挨拶をし、記念写真
すんごくいい家族写真が撮れたのですが、お(*^_^*)バッチリなので(笑)
ここへの掲載はやめておきます(笑)
あとでT様に届けてこよう!

IK-HOMEの家づくりに興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。
お客様が無理すること無く、快適な住まいに、笑顔で暮らせる。
快適に。
幸せに。
私たちはそれが一番大切なことだと考えています。

では!

 

2018-01-18 | Posted in BLOG, 建設現場リポートComments Closed 

 

「Cuteな白いお家」完成見学会

完成見学会を開催いたします。

*********************************

新しい年。

私らしい家。

暮らしをcuteにすると

きっと毎日が楽しくなる。

*********************************

日時/2018,1/13(土)・14(日) 10:00~17:00

会場/鹿嶋市(コモア前の道路を北に約2km)

※カーナビでの検索はコモアの住所「鹿嶋市荒井3310-2」を入力していただくと便利です。

 

のびのび吹き抜けLDK

クロス選びもワクワク♪

グレー目地の白レンガや

マノクラフトの ギンガムチェックetc.

憧れが詰まった「Cuteな白いお家」完成です。

 

詳しくは1/12(金)の朝刊折り込みチラシをご覧ください。

2018-01-10 | Posted in BLOG, 見学会情報No Comments » 

 

本年もよろしくおねがいいたします!

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り誠に有難うございました。
本年も「とことんつくる ずうっと守る」の家づくりで
皆様に最高のマイホームをご提供していきます!

さて。我が社は本日より仕事始めでした。
全員揃って鹿島神宮参拝です!
とっても良いお天気で気持ちが引き締まりますね

久しぶりの全員集合写真!嬉しいな~

株式会社池田建設に IK-HOMEという新規住宅部門を立ち上げ、11年目になります!
夢中で家づくりに取り組んで来てあっという間に過ぎていましたね
この仲間が…この大切な宝がいるから!
支えてくれたお客様がいらっしゃるから!!
ここまで来られたと思います。
昨年、不慮の事故により大切な大切な仲間を一人失い…悲しみのどん底までいった私たち。
それでも…待っていてくださるお客様のためにと
悲しみを乗り越え、とにかくがむしゃらに…やってきました。
この写真の中にきっと彼も入っているはず、そう信じています

さて、新しい一年の始まりです
気持ちをピリリと引き締めて

本年もIK-HOMEをよろしくおねがいいたします

 

株式会社池田建設 IK-HOME
スタッフ一同

2018-01-07 | Posted in BLOG, ごあいさつComments Closed